9月になりましたね。

9月といえど、まだまだエアコンにお世話になる日もありますね。
昨日は美術館に出かけて、日中と夜との寒暖の差にカーディガンがありがたかったです。

9月の旧暦の和名は「長月(ながつき)」。
諸説ありますが、だんだんと夜が長くなる月という意味の夜長月(よながつき)が語源だそうですよ。

他にも別名が・・・。

詠月 (えいげつ)、竹酔月(ちくすいづき)、暮秋 (ぼしゅう)とも呼ばれていたそうで、何ともロマンチック。

日本人は古来から月を見て限られた文字数で歌を詠んだり、言葉に想いを込めたりと表現力豊かな人々だったんですよね。
現代のわたしたちは、どれだけ短い文章や映える画像で訴えかけられるかとSNSが盛んですが。

昔の人の言葉のセンスを見習いたい。

さ、今月もがんばりましょう。


hnchh5oYQe6SMardxpy3aQ