Umekoの宝塚暮らしと美術館めぐり

散歩の雑記帳。 ここ数年はどっぷり美術館めぐりと建築めぐり。 知れば知るほどおもしろくなってきた。 宝塚の住人です。

先日、大好きなヴォーリズ建築の大丸心斎橋店へ。  ウィリアム・メレル・ヴォーリズ設計で、1933年の建築。  2019年にやっと立て替えが完了。完成まで本当にやきもきしたけど、また美しい姿が見られて本当によかった。  建築当初はネオ・ゴシックの塔屋の華やかな外観と ...

龍谷ミュージアム「日本の素朴絵」展へ。ゆるい絵って集めると圧巻ですね。これだけの数を集めると本当に素晴らしい。思わずクスッと笑ってしまうユルさ。狙って描いたもの、真面目に描いたけどユルいもの。どっちも笑えます。キャプションが「丹念な筆致が印象深いが、建物 ...

イケフェス大阪2019で、洋菓子店の五感が下に入ってる新井ビルへ。1922年、神戸を拠点に活躍した河合浩蔵(河合建築事務所)設計で、元は報徳銀行大阪支店としての建築だそう。1911年(明治44年)に建設の旧日濠会館(現・海岸ビルヂング)や造幣局 旧火力発電所(現・造幣博 ...

今年もイケフェスに行ってきました! イケフェス=生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪毎年この時期に大阪の素敵な建築が公開される2日間のイベントです。この2日間の間に普段未公開の建築が公開されたり、スペシャルなガイドツアーがあったりと建築ファンには見逃せ ...

新しく建てている宝塚ホテル。少しずつ建物の様子が見えてきました。お隣の宝塚大劇場と色や雰囲気が似ていてエレガント。来年の5月14日(木)に移転開業です。楽しみだけど今のホテルが馴染み深いだけに名残惜しい。3月31日(火)の営業終了までに何度か訪れようと思います ...

先日、「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」に行ってきました。会期はまたもや終了しているけど覚書として。ショーン・タンはイラストレーター・絵本作家として活躍しながらアニメーションを手がけるなど、表現の場をますます広げているアーティスト。 移民を ...

先日、「メアリー・エインズワース 浮世絵コレクション」へ。もう、会期は終了していますが覚書として。大阪市立美術館で8月10日(土)〜9月29日(日)の間開催していました。 メアリー・エインズワースは1867年から1950年にアメリカで生きた女性です。アメリカ人女性とい ...

先日「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」展に行った時に、同じ伊丹市立美術館にある柿衛文庫の特別展「蕪村の手紙」展へ。柿衛文庫の開館35周年記念の特別展なのだそうです。与謝蕪村といえば1716年から1784年の江戸時代を生きた俳人であり画家。蕪村の生涯の中でしたためた手 ...

ちょっと前ですが伊丹市立美術館の「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」展に行ってきました。楽しみにしていたルート・ブリュック。フィンランドを代表するセラミック・アーティストの日本初個展とあって、ファンは心待ちにしていたのでは?この少し前に「フィンランド陶芸」展 ...

今日、イケフェスの公式ガイドブックを購入しました。購入したのは梅田ビッグマン横の紀伊国屋書店。入ってすぐの目立つ場所に平積みしてありました。今年のガイドブックは分厚い!イケフェス=生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪今年で6年目。毎年この時期に大阪の素 ...

大丸心斎橋店が今日リニューアルオープンですね。皆さんがUPされている内見会の様子をみてホッとしました。ヴォーリズの装飾がどうなるのか心配していたので、保存されていて本当によかった!ヴォーリズ建築とその装飾は他にない気品と優美さと温かさを併せ持つ大正モダン建 ...

少し前になりますが、大阪の国立国際美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への旅」展に行ってきました。 気分は「クリムト展」で盛り上がっての「ウィーン・モダン」展。クリムトの時代背景やクリムトを生み出したウィーンをもっと知りたくなってのタイミング ...

↑このページのトップヘ